MacBook Pro 2018 レビュー。いいところしか見当たらない。

先週書いたMacBookProに変えるよーって記事から約10日経ちましたが、13日に無事手元に届きました。

購入したのはMacBook Pro 2018 13インチ(メモリ16GB)。

これを選んだ理由はこちらをご覧ください。

 

MacBook Airとお別れ。Mac Book Pro 13インチに買い替え

 

今回は届いて5日程度使用した僕の感想を書いていきたいと思います。

 

スポンサードサーチ

第一印象「かなり小さい」

開封してまず思ったのは、かなり小さい!

MacBook Airでもそこまで大きな印象はなかったですが、実物を比較してみると一目瞭然。

真上から

 

  横から。場所によってはMacBook Proの方が薄い

 

重量もほとんど同じです。携帯性もアップしてます。

持ち歩くことが多いのでこの変化はかなり大きいです。

 

電源ON。画面の美しさに驚く。

MacBook ProのディスプレイはRetinaディスプレイと周囲の環境に合わせてホワイトバランスを自動的に調整してくれるTrue Toneテクノロジーが搭載されています。

紙を見ているみたいに綺麗なディスプレイ

 

この組み合わせのおかげで、文字や画像もクッキリで目に優しいディスプレイになっています。

MacBook Airと比べると、本当に世界が変わったような気がします。

これでプログラミング作業もはかどりそうな気がしています。

 

スポンサードサーチ

キーボードの音は気にならない。打ち心地も◯。

MacBook Pro のキーボードは従来のものと違うバタフライ構造を採用しています。

 

昨年までのMacBook Pro にもバタフライ構造は採用されていましたが、タイピング音がうるさいと言われていました。

 

今度のMacBook Pro はそこが解消されているようです。

 

数日使用しましたが、音が気になることもないですし、打ち心地が良くて、タイピングも楽しくなりました。

 

トラックパッドの滑らかさはクセになる。

触り心地抜群なトラックパッド

 

MacBook Air よりもトラックパッドが広く使いやすくなって作業もはかどります。

 

そして一番気に入ったのは触り心地。

 

滑らかだけど、程よく抵抗もあり、ずっと触っていたいです。

 

スポンサードサーチ

Touch Barの利便性をそこまで感じない。。

Touch Barに関してあまり言うことはないかなと。。笑

今のところ利便性を感じていません。

 

少しずつ活用していこうと思います。

 

指紋認証は反応よし。かなり使えるやつ。

iPhone でかなりお世話になっている指紋認証ですが、やはりこいつは使えます。

 

スリープモードから立ち上げる際も指先1つで完了するのは、ものすごく便利。

 

それ以外にもいろんな場面での認証に使えるようです。

 

今までパスワードを入力していたのがアホらしく感じます。

 

スポンサードサーチ

処理速度は雲泥の差。悩みがほぼ解消!

前のブログでも書きましたが、僕の悩みは以下のとおり。

 

・エクセル使用時、タイピングから文字の表示までに約5秒のタイムラグある

→タイムラグは一切なし!スムーズに入力できます。

 

・パワーポイント使用時、動作が固まったまま5分間何もできない

・ワード使用時、フォント変更をしようとすると、動作が固まって勝手にシャットダウンする

→フリーズすることも全くありません。

 

・FTPソフト使用時、ファイル転送がいつまでたっても行われない & 勝手にシャットダウンする

→ファイル転送もすぐに行われるし、シャットダウンすることもありません。

 

他にもブラウザやテキストエディタの立ち上げ速度、gulpでの処理(コンパイル、画像圧縮など)も段違いのスピード。

 

これで普段の作業もはかどります。

 

Mac同士ならデータ移行も楽チン。

データの移行は、移行アシスタントを使用すれば、指示に従うだけで全てすみます。

 

メールの設定も全部やってくれるので、すぐに仕事で使用できる状態になります。

 

初めてデータ移行を行なったのですが、すごく楽でびっくりしました。

 

おわりに

使用して数日で感じたことを書いてみました。

大満足の買い物ができたと思います。

 

もし、今現在どのPCを買うか迷っている方には全力でおススメしたいと思います。

 

値は張りますが、その分の価値はあると思います。

(使用用途によってはオーバースペックかもしれませんが。。)

 

次は1ヶ月くらい使用したらもう一度感想を書いてみようと思います。

コメント

  • コメントを残す

    *